H31・R1小野小日記

3年 話合い活動

 3年生は現在、国語科「係の活動について考えよう」で、話合い活動をしています。5、6人ずつのグループに分かれ、司会1人、記録1人、提案者3、4人の役割分担をして話し合っています。

 回数を重ねるごとに、司会はスムーズな進行が、記録は早く分かりやすいまとめが、提案者は説得力のある理由を合わせた意見を言うことができるようになってきました。

 どの役割も、大人になっても重要なスキルだと思います。これからもよりよい話合いを目指して、頑張ってほしいと思います。

3年 粘土マイタウン

 3年生は、図画工作科「粘土マイタウン」で、粘土を使って町作りをしました。

 子どもたちは割り箸やつまようじなどを使って粘土をつなぎ合わせ、高い塔や遊園地、お城などを作りました。

 子どもたちは思い思いの町を完成させ、満足そうでした。

3年 明かりをつけよう

 3年生は現在、理科で「明かりをつけよう」という学習をしています。

 まず、電池と豆電球を組み合わせ、両端を様々な物に当てて、どのようなものが電気を通すのかを調べました。子どもたちは、鉄、アルミニウムなどの金属が電気を通すことは今までの生活で気付いており、アルミ缶、スチール缶も電気を通すと考えていました。しかし、実際には、缶の表面には電気を通さないものが塗られており、豆電球が点灯しないことに驚いていました。

 その後の学習では、電池と豆電球を使って、ミニスタンド、ピカピカホタル、くぐりぬけゲーム、じゃんけんゲームなどのおもちゃ作りを行いました。子どもたちは協力し合って、おもちゃ作りに一生懸命取り組んでいました。

 この学習をきっかけに、生活の中でも、電池や明かりのはたらきに興味をもってくれるといいなと思います。

6年 「ヒストリア小野~公民館長さんの話を聞こう~」

 12月4日(水)に、6年生は公民館長さんに小野の昔の様子や公民館の取組について話を聞きました。

 6年生はこれまで総合的な学習の時間に葉佐池古墳など小野に残るたくさんの史跡について学習をしました。今日は、その史跡を町おこしとして守り続けている取組を聞き、自分たちも大切に守り伝えていきたいという思いを強く持つことができました。

 公民館長さん、ありがとうございました。

6年 「小中交流会」

 12月3日(火)に、6年生は小野中学校の1年生と交流会をしました。

 前半は中学生の授業の様子を参観させていただきました。小学校とは違う教科や授業の雰囲気を肌で感じることができました。

 その後、小グループに分かれてミニゲームをしたり、質問をしたり交流しました。ミニゲームをして、和やかな雰囲気になり、中学校生活で知りたいことをたくさん質問することができました。中学校生活への不安が薄れ、楽しみが倍増したようです。

小野地区青少年健全育成大会

  

 12月1日(日)に小野公民館で青少年健全育成大会が開かれました。

大会テーマは、「夢に向かって ~努力する心~」です。

最初の開会セレモニーで、小野小学校の5年生有志が「友だちはいいもんだ」「ルッキング フォー

スマイル」の2曲を合唱しました。その後、各種の表彰と松山南警察署生活安全課の方の記念講演

がありました。

【入選標語】

特選 5年 山本嘉昭さん  「あきらめない 今の努力に 花が咲く」

入選 1年 兵頭桃花さん  「あきらめず がんばるすがた みていてね」

入選 2年 福井敦大さん  「ゆめのたね そだてていこう この町で」

入選 3年 仙波伊織さん  「これできた 自信が未来の ぼくつくる」

入選 4年 安井ひなたさん 「やってみよう 小さな努力 大きな一歩」

入選 6年 赤瀬茉波さん  「失敗も 夢のとびらを 開くかぎ」

【小野公民館読書大賞】

4年 古鎌 咲羽さん

3年 大柳 穂乃さん

 受賞されたみなさん、おめでとうございます。

 

3年 ビオラを植えました

 11月27日(水)、3年生は各自が持っている鉢にビオラを植えました。

 まず、学級園の草を抜き、牛糞と鶏糞を混ぜていきました。そして、それらがしっかり混ざったふかふかの土を、各自の鉢に入れていきました。はじめは、土に触るのに抵抗がある子もいましたが、すぐに慣れたようでした。

 次に、鉢に植えるビオラを選んで鉢に入れていきました。子どもたちは、どの色の花にしようか、元気な花はどれか、しっかり悩んで決めていました。そして、ポットから外して鉢に入れ、根っこがしっかり隠れるよう土をかぶせていきました。

 最後に水をしっかりやり、並べていきました。

 これからしっかりお世話を続け、約4か月後には、満開のビオラで卒業生を気持ちよく送り出せることを願っています。

元プロ野球選手に投げ方を教わりました。

  

  

 今日は、5年生が元プロ野球選手にボールの投げ方を教わりました。

来校してくれたのは、広島東洋カープの比嘉寿光(ひが としみつ)選手と日本プロ野球組織の

松嵜さん、水上さん、松山市スポーティングシティ推進課の大野さん、野口さんです。

3校時から6校時までの時間を使って、5年生を一クラスずつ教えていただくことができました。

プロの方の指導を真剣に聞いて、子どもたちは楽しく授業を受けることができました。

これからも学校外の専門家の方に、いろいろなことを教わる機会を増やしていきたいと思います。

8の字ジャンプ記録会(愛媛県ITスタジアム)

  

  

 今日は、2校時と3校時の間の業間の時間を利用して、全校一斉に8の字ジャンプ記録会が

行われました。これは愛媛県が主催するITスタジアムに記録を申請するものです。

学級担任の先生と一緒に長縄跳びをする子どもたちは、本当に楽しそうでした。

 来週は12月に入り、これから寒くなってくると思いますが、健康を意識して、みんなで元気に

スポーツを楽しんでほしいと思います。

小野与力一座 村芝居

  

 11月24日(日)に、小野小学校体育館で恒例の小野与力一座による村芝居がありました。

演目は「刃傷松の廊下」と「赤垣源蔵徳利の別れ」でした。役者さんとなった地域の方の素晴らしい演技、

手作りの舞台、音響、照明などいずれも完成度が高く、感動を呼ぶ村芝居となりました。