ブログ

H31・R1小野小日記

大三島少年自然の家(3日目)

 最終日は朝いちばんに健康観察をし、お世話になった大三島少年自然の家に感謝の気持ちを込めて清掃をして活動を締めくくりました。

   

 村上水軍博物館では、「はくぶつかんたんけんシート」をいただき、見学しながらクイズをしたり、スタンプを集めたりしました。

   

   

 自然のよさ、友達のよさ、そして自分のよさを見つけた、大変充実した2泊3日でした。

 今後の学校生活で、この経験が生かされると思います。5年生の活躍を楽しみにしています。

大三島少年自然の家(2日目)

 大三島少年自然の家2日目の朝は、朝のつどいから始まりました。ラジオ体操は、ちょっと変わった大阪弁バージョン。体を動かしながら思わず笑顔になる姿が見られました。

 朝のつどいの後は朝食。食事係の準備や片付けも慣れてきました。

  

 気温や水温がやや低めだったため、午前中の予定を変更し、オリエンテーリングをしました。班の友達と協力して全員が最後まであきらめることなく、自分たちの力で大三島自然の家まで帰ってきました。

 午後は、大三島少年自然の家のすぐ前の入り江で磯遊び。遠浅の海で貝殻を集めたり、生き物を探したり、水遊びをしたりしました。

    

   

 夜はキャンプファイヤー。各クラスの出し物やマイムマイムなど、大変盛り上がりました。

   

 

 

 

 

大三島少年自然の家(1日目)

 5年生は、10月9日から2泊3日で大三島少年自然の家で集団宿泊活動に取り組みました。

 1日目の午後は、気持ちのよい秋空の下、飯ごう炊さんをしました。

 班の仲間と協力してかまどの火を起こし、ご飯を炊いたり、カレーを作ったりしました。

  

 

 片付け後は、それぞれの部屋でくつろいだり、夕暮れ時の景色を楽しんだりする姿も見られました。

3年 光で遊ぼう

 10月3日(木)、3年生は理科「光で遊ぼう」の学習で、鏡ではね返った日光の進み方を調べる実験を行いました。

 子どもたちは、まずはね返った光を様々な的に当てました。自分の光がどれか分からず苦戦している児童もいましたが、徐々に慣れていきました。

 その後、光が地面を這うように跳ね返らせ、その間に手を入れて前後に動かすことで、光がまっすぐに進んでいるのかどうかを調べました。

 このように、楽しみながら光の進み方について学習することができました。

3年 小野川調査

 10月2日(水)、3年生は松山市エコリーダーや松山市環境モデル都市推進課の方々のご指導の下、

小野川の生物を捕まえ、その種類や数を調べることで、小野川がどの程度きれいなのかを調べました。

  子どもたちは大変意欲的に活動に取り組み、たくさんの生物を捕まえました。カワムツ、ドンコ、エビ、サワガニ、ヤゴ、ミズカマキリ、カエル、カワニナ、タニシ、アメンボなどです。その結果、小野川は、かなりきれいな川だと言えることがわかりました。

 たくさんの生物が住む小野川をいつまでもきれいに保てるよう、排水の仕方等考えて生活してほしいと思います。