ブログ

H31・R1小野小日記

3年 話合い活動

 3年生は現在、国語科「係の活動について考えよう」で、話合い活動をしています。5、6人ずつのグループに分かれ、司会1人、記録1人、提案者3、4人の役割分担をして話し合っています。

 回数を重ねるごとに、司会はスムーズな進行が、記録は早く分かりやすいまとめが、提案者は説得力のある理由を合わせた意見を言うことができるようになってきました。

 どの役割も、大人になっても重要なスキルだと思います。これからもよりよい話合いを目指して、頑張ってほしいと思います。

3年 粘土マイタウン

 3年生は、図画工作科「粘土マイタウン」で、粘土を使って町作りをしました。

 子どもたちは割り箸やつまようじなどを使って粘土をつなぎ合わせ、高い塔や遊園地、お城などを作りました。

 子どもたちは思い思いの町を完成させ、満足そうでした。

3年 明かりをつけよう

 3年生は現在、理科で「明かりをつけよう」という学習をしています。

 まず、電池と豆電球を組み合わせ、両端を様々な物に当てて、どのようなものが電気を通すのかを調べました。子どもたちは、鉄、アルミニウムなどの金属が電気を通すことは今までの生活で気付いており、アルミ缶、スチール缶も電気を通すと考えていました。しかし、実際には、缶の表面には電気を通さないものが塗られており、豆電球が点灯しないことに驚いていました。

 その後の学習では、電池と豆電球を使って、ミニスタンド、ピカピカホタル、くぐりぬけゲーム、じゃんけんゲームなどのおもちゃ作りを行いました。子どもたちは協力し合って、おもちゃ作りに一生懸命取り組んでいました。

 この学習をきっかけに、生活の中でも、電池や明かりのはたらきに興味をもってくれるといいなと思います。

6年 「ヒストリア小野~公民館長さんの話を聞こう~」

 12月4日(水)に、6年生は公民館長さんに小野の昔の様子や公民館の取組について話を聞きました。

 6年生はこれまで総合的な学習の時間に葉佐池古墳など小野に残るたくさんの史跡について学習をしました。今日は、その史跡を町おこしとして守り続けている取組を聞き、自分たちも大切に守り伝えていきたいという思いを強く持つことができました。

 公民館長さん、ありがとうございました。

6年 「小中交流会」

 12月3日(火)に、6年生は小野中学校の1年生と交流会をしました。

 前半は中学生の授業の様子を参観させていただきました。小学校とは違う教科や授業の雰囲気を肌で感じることができました。

 その後、小グループに分かれてミニゲームをしたり、質問をしたり交流しました。ミニゲームをして、和やかな雰囲気になり、中学校生活で知りたいことをたくさん質問することができました。中学校生活への不安が薄れ、楽しみが倍増したようです。