ブログ

3年 ゴムのはたらき

 3年生は現在、理科で「ゴムのはたらき」を学習しています。

 10月28日(月)には、ゴムの伸びを5cm、10cm、15cmと変えたり、ゴムの本数を1本、2本、3本と変えたりして、車の走った距離の変化を調べました。

 ゴムの伸びが大きくなったとき、子どもたちは、車は遠くまで走ると予想しました。また、ゴムの本数が多くなったときは、約半数の子どもたちは車は遠くまで走る、約半数の子どもたちは変化なしと予想していました。

 結果は、どちらの場合も車は遠くまで走ることが分かり、驚いている子どもたちもいました。

 最後に、ゴムの伸びを15cm、ゴムの本数を3本という最強の形にすると、何m進むのか実験しました。結果は10mを超え、子どもたちはその大記録に歓声を上げていました。

 10月29日(火)には、3.5m先にある線のところに車が止まるように、ゴムの力をコントロールする実験を行いました。その際、4、5人のグループを作り、全員が線のところで止まったグループの勝ち、という対抗戦形式にしました。子どもたちはグループの仲間とアドバイスし合い、協力し合って、1人クリアする度に大喜びしていました。

 これからも、ゴムのはたらきについて興味をもって生活をしてほしいと思います。