2018年10月の記事一覧

大三島少年自然の家(3日目)

 10月12日(金)は大三島少年自然の家での活動の最終日となりました。

 少し肌寒い朝でしたが、晴天で海がきれいに見える食堂で朝食をいただき、3日間お世話になった大三島少年自然の家の清掃活動や荷物の片付けをして、退家式を行いました。

 その後、大島の村上水軍博物館を見学しました。博物館の方から村上海賊(水軍)の説明を聞いた後、グループでクイズの答えを探しながら館内の探検をしました。

    

 3日間の集団宿泊活動を通して、仲間と力を合わせることのよさを感じたり、友達との関わりを深めたりすることができました。

 これも、活動の準備をしてくださったおうちの方や自然の家の所員の方々が支えてくださったお陰です。

 ありがとうございました。

 ひとまわり成長した5年生の今後の活躍に期待しています。

大三島少年自然の家(2日目)

 10月11日(木)5年生の大三島少年自然の家での活動2日目は、雨を避け、少し予定を変更して活動をしました。

 午前中の前半は昨日のオリエンテーリングの表彰と閉会式を行い、その後、室内レクリエーションをしてみんなで楽しみました。

 午前中の後半には浜辺に出ていかだ作りをしました。

 

     オリエンテーリング表彰式          室内レクリエーション

 

                          いかだ作り

 

 午後は、室内レクリエーションの続きをした後、飯ごう炊さんをしました。

   

   

 昨年のレインボーではカレーだけを作りましたが、今年はご飯とカレーの2品を作りました。

 手際もチームワークもよくなり、成長が感じられました。

 

大三島少年自然の家(1日目)

 10月10日(水)から2拍3日間、5年生は大三島少年自然の家で過ごしています。

 1日目は、オリエンテーリング、磯遊び、キャンプファイヤーをしました。

 

    入家式                 磯遊び

 

    食事係の準備       キャンプファイヤー

 

 磯遊びでは、小さなカニやヤドカリをたくさん見つけました。

 磯遊びの後、食事係が夕飯前の準備をしました。

 今日は初めての準備なので、係の先生の指示を聞きながら食事係のみんなで力を合わせて作業を進めました。

 キャンプファイヤーでは、各クラスの出し物があり、大変楽しいひとときを過ごしました。

 クイズあり、ダンスあり、劇ありとバラエティに富んだ内容で、炎に照らされたみんなの笑顔が印象的でした。

 

   

信号機(押しボタン式)が設置されました

 県道334号松山川内線(水泥町)の横断歩道に押しボタン式信号機が新設されました。この場所は過去にも交通事故が数件発生している交通量の大変多い所です。信号機ができたからといって安心しないで次の点に注意して安全に渡りましょう。
〇 車が来てないからといって押しボタンを押さないで渡るのはやめましょう。
〇 信号が青に変わっても、左右をよく見て安全を確認し、車が止まるのを確かめましょう。「車は止まっくれるだろう」という思い込みは大変危険です。

信号機押しボタン

3年生 小野川調査

  

 今日は、3年生2・3・5組の小野川調査が学校近くの川でありました。(1・4組は10日の予定)

先日の雨による増水で、実施予定日がのびていましたが、今日は天気も良く、子どもたちは

元気よく川に入り、ミズカマキリやヤゴ、カニなどたくさんの生き物を見つけていました。

 最近では、なかなか川に入って学習したりすることはありませんが、身近に生活している

生き物について知る良い機会になりました。