ブログ

2019年11月の記事一覧

3年 ビオラを植えました

 11月27日(水)、3年生は各自が持っている鉢にビオラを植えました。

 まず、学級園の草を抜き、牛糞と鶏糞を混ぜていきました。そして、それらがしっかり混ざったふかふかの土を、各自の鉢に入れていきました。はじめは、土に触るのに抵抗がある子もいましたが、すぐに慣れたようでした。

 次に、鉢に植えるビオラを選んで鉢に入れていきました。子どもたちは、どの色の花にしようか、元気な花はどれか、しっかり悩んで決めていました。そして、ポットから外して鉢に入れ、根っこがしっかり隠れるよう土をかぶせていきました。

 最後に水をしっかりやり、並べていきました。

 これからしっかりお世話を続け、約4か月後には、満開のビオラで卒業生を気持ちよく送り出せることを願っています。

元プロ野球選手に投げ方を教わりました。

  

  

 今日は、5年生が元プロ野球選手にボールの投げ方を教わりました。

来校してくれたのは、広島東洋カープの比嘉寿光(ひが としみつ)選手と日本プロ野球組織の

松嵜さん、水上さん、松山市スポーティングシティ推進課の大野さん、野口さんです。

3校時から6校時までの時間を使って、5年生を一クラスずつ教えていただくことができました。

プロの方の指導を真剣に聞いて、子どもたちは楽しく授業を受けることができました。

これからも学校外の専門家の方に、いろいろなことを教わる機会を増やしていきたいと思います。

8の字ジャンプ記録会(愛媛県ITスタジアム)

  

  

 今日は、2校時と3校時の間の業間の時間を利用して、全校一斉に8の字ジャンプ記録会が

行われました。これは愛媛県が主催するITスタジアムに記録を申請するものです。

学級担任の先生と一緒に長縄跳びをする子どもたちは、本当に楽しそうでした。

 来週は12月に入り、これから寒くなってくると思いますが、健康を意識して、みんなで元気に

スポーツを楽しんでほしいと思います。

小野与力一座 村芝居

  

 11月24日(日)に、小野小学校体育館で恒例の小野与力一座による村芝居がありました。

演目は「刃傷松の廊下」と「赤垣源蔵徳利の別れ」でした。役者さんとなった地域の方の素晴らしい演技、

手作りの舞台、音響、照明などいずれも完成度が高く、感動を呼ぶ村芝居となりました。

6年生と1年生 大縄跳び&読み聞かせ

 6年生は下級生との交流を企画して、各クラス工夫した取組を行っています。

 2組は1年生と大縄跳びをしたり、自作の物語を読み聞かせしたりしました。1年生のスピードに合わせて縄を回してあげたり、1年生を膝にのせて読み聞かせをしたり、優しい姿がたくさん見られました。温かい気持ちがあふれています。