ブログ

H31・R1小野小日記

校内マラソン大会

  

  

  

 1月24日(金)に校内マラソン大会が行われました。

天候やインフルエンザが心配される中でしたが、子どもたちは元気に自分たちのコースを走り抜けました。

当日、声援いただいた保護者の皆様、コースに立って安全確認していただいた役員の方々、本当に

ありがとうございました。

 今年度も残り2か月余りとなりましたが、素晴らしい学年末を迎えることができるよう、教職員一同頑張りたいと思います。

校内書初め大会

  

  

 先週から体育館で学年ごとに児童が集まり、書初めをしています。

一斉に体育館に集まり、子どもたちが静かに筆を運ぶ姿を見ていると、新しい年を迎えて

自分のことを考えるよい機会になったのではないかと思います。

新春健康マラソン大会

  

  

 

 1月13日(月)に、小野中学校グランドをスタート地点として、第43回小野地区新春健康マラソン大会

が開かれました。小学校からもたくさんの児童が参加して、令和になって初めてのマラソン大会で頑張り

ました。教員チームも参加し、絆づくりたすきリレー大会で第4位の成績でした。今年は、若手の男の先生

が増えて、中学校の教員チームを圧倒する走りを見せました。

 今月23日(木)に予定されている小野小学校の校内マラソン大会でも、子どもたちの頑張って走る姿を

応援したいと思います。

 

3学期始業式

 令和2年1月8日(水)、3学期が始まりました。

 今日はテレビ放送で始業式を行いました。

 はじめに、児童代表の言葉を1年生の4人が言いました。冬休みの思い出と3学期の目標を話しました。目標は、マラソン大会のことや勉強のこと、友達を増やすことなど、自分の言葉で表現することができました。

 校長先生からお話がありました。その中で、夢を実現するためには具体的な目標をもつことが大切だというお話がありました。聞きながら3学期の目標や1年間の目標をどうしようかと考えた人も大勢いたのではないでしょうか。

 始業式の後、それぞれの学年で、3学期のめあて(目標)を書いたり、学級の係を決めたりなどしました。

 1年生の教室でも、めあてを一生懸命考える姿が見られました。かなり具体的にたくさん書かれていて感心しました。

 

 1年間で1番短い学期ですが、次の学年や中学校に向けて大切なステップとなる時間です。充実した3学期にしたいですね。

 

業間マラソンがんばってます!

  

 

 2学期終業式まであとわずかになりましたが、子どもたちは元気に業間マラソンをがんばっています。

今朝は少し冷え込みましたが、エアコンのきいた教室から飛び出し、元気に運動場を走りました。

1月23日(木)に予定されている校内マラソン大会へ向けて体の準備を進めています。

 今週に入り、インフルエンザで休む児童が少し増えています。うがいや手洗いも含めてご家庭でも

よろしくお願いいたします。

 

選書会

  

 

 今日は、毎年恒例になっている選書会が体育館でありました。

800冊を超える児童用の本が並べられ、1年生から6年生まで、すべての学年の児童が

順番に本を見て、図書館に購入してほしい本を選びました。

 本を読む時間が少なくなっているとよく言われますが、子どもたちは熱心に本を見ながら

自分の読みたい本を真剣に選んでいました。

6年 「薬物乱用防止教室」

 6年生は学校薬剤師さんをお招きして、薬物乱用防止教室に参加しました。

 たばこ、アルコール、シンナー、薬物などがどのように体に害を及ぼすのか具体的にお話していただきました。

 薬物中毒になる恐ろしさを実感することができました。

お話会をしました!(5年部)

 12月18日(水)の2時間目に2・3組、3時間目に1・4組に分かれてお話会を行いました。

 「とべ まほうのつえ」さんにお話「ゆきむすめ」や「金子みすゞ」さんの詩の朗読、紙芝居「おじいさんと犬」、ブラックパネルシアター「マッチ売りの少女」をしていただきました。

 子どもたちも聞くだけでなく、手話や朗読で参加するなど楽しみながら学習することができました。

 ほっこりとした時間を過ごしました。

6年4組出演!「小野っこスターは君だ!」

 12月13日(金)の「小野っこスターは君だ」に6年4組が登場しました。

 全員で創作劇「桃太郎とおむすびころりん」をしました。本番に向けて計画、準備、練習と頑張ってきました。衣装も準備して、ちょっぴり緊張したけれど、観客の下級生から大きな拍手をもらえました。

 クラス全員で参加したことで、卒業に向けて一丸となることができました。

愛媛FC来校

  

  

 今日は、愛媛FCの西岡大輝選手とスタッフが来校し、キャリア教育の一環として「夢に向かって」

という話をしてくれました。何度も壁にぶちあたっても、夢に向かって雑草魂で頑張り続けてきた

貴重なお話でした。小野っ子がのびのびとたくさん質問をしてくれたことを西岡選手も喜んでいました。

3年 話合い活動

 3年生は現在、国語科「係の活動について考えよう」で、話合い活動をしています。5、6人ずつのグループに分かれ、司会1人、記録1人、提案者3、4人の役割分担をして話し合っています。

 回数を重ねるごとに、司会はスムーズな進行が、記録は早く分かりやすいまとめが、提案者は説得力のある理由を合わせた意見を言うことができるようになってきました。

 どの役割も、大人になっても重要なスキルだと思います。これからもよりよい話合いを目指して、頑張ってほしいと思います。

3年 粘土マイタウン

 3年生は、図画工作科「粘土マイタウン」で、粘土を使って町作りをしました。

 子どもたちは割り箸やつまようじなどを使って粘土をつなぎ合わせ、高い塔や遊園地、お城などを作りました。

 子どもたちは思い思いの町を完成させ、満足そうでした。

3年 明かりをつけよう

 3年生は現在、理科で「明かりをつけよう」という学習をしています。

 まず、電池と豆電球を組み合わせ、両端を様々な物に当てて、どのようなものが電気を通すのかを調べました。子どもたちは、鉄、アルミニウムなどの金属が電気を通すことは今までの生活で気付いており、アルミ缶、スチール缶も電気を通すと考えていました。しかし、実際には、缶の表面には電気を通さないものが塗られており、豆電球が点灯しないことに驚いていました。

 その後の学習では、電池と豆電球を使って、ミニスタンド、ピカピカホタル、くぐりぬけゲーム、じゃんけんゲームなどのおもちゃ作りを行いました。子どもたちは協力し合って、おもちゃ作りに一生懸命取り組んでいました。

 この学習をきっかけに、生活の中でも、電池や明かりのはたらきに興味をもってくれるといいなと思います。

6年 「ヒストリア小野~公民館長さんの話を聞こう~」

 12月4日(水)に、6年生は公民館長さんに小野の昔の様子や公民館の取組について話を聞きました。

 6年生はこれまで総合的な学習の時間に葉佐池古墳など小野に残るたくさんの史跡について学習をしました。今日は、その史跡を町おこしとして守り続けている取組を聞き、自分たちも大切に守り伝えていきたいという思いを強く持つことができました。

 公民館長さん、ありがとうございました。

6年 「小中交流会」

 12月3日(火)に、6年生は小野中学校の1年生と交流会をしました。

 前半は中学生の授業の様子を参観させていただきました。小学校とは違う教科や授業の雰囲気を肌で感じることができました。

 その後、小グループに分かれてミニゲームをしたり、質問をしたり交流しました。ミニゲームをして、和やかな雰囲気になり、中学校生活で知りたいことをたくさん質問することができました。中学校生活への不安が薄れ、楽しみが倍増したようです。

小野地区青少年健全育成大会

  

 12月1日(日)に小野公民館で青少年健全育成大会が開かれました。

大会テーマは、「夢に向かって ~努力する心~」です。

最初の開会セレモニーで、小野小学校の5年生有志が「友だちはいいもんだ」「ルッキング フォー

スマイル」の2曲を合唱しました。その後、各種の表彰と松山南警察署生活安全課の方の記念講演

がありました。

【入選標語】

特選 5年 山本嘉昭さん  「あきらめない 今の努力に 花が咲く」

入選 1年 兵頭桃花さん  「あきらめず がんばるすがた みていてね」

入選 2年 福井敦大さん  「ゆめのたね そだてていこう この町で」

入選 3年 仙波伊織さん  「これできた 自信が未来の ぼくつくる」

入選 4年 安井ひなたさん 「やってみよう 小さな努力 大きな一歩」

入選 6年 赤瀬茉波さん  「失敗も 夢のとびらを 開くかぎ」

【小野公民館読書大賞】

4年 古鎌 咲羽さん

3年 大柳 穂乃さん

 受賞されたみなさん、おめでとうございます。

 

3年 ビオラを植えました

 11月27日(水)、3年生は各自が持っている鉢にビオラを植えました。

 まず、学級園の草を抜き、牛糞と鶏糞を混ぜていきました。そして、それらがしっかり混ざったふかふかの土を、各自の鉢に入れていきました。はじめは、土に触るのに抵抗がある子もいましたが、すぐに慣れたようでした。

 次に、鉢に植えるビオラを選んで鉢に入れていきました。子どもたちは、どの色の花にしようか、元気な花はどれか、しっかり悩んで決めていました。そして、ポットから外して鉢に入れ、根っこがしっかり隠れるよう土をかぶせていきました。

 最後に水をしっかりやり、並べていきました。

 これからしっかりお世話を続け、約4か月後には、満開のビオラで卒業生を気持ちよく送り出せることを願っています。

元プロ野球選手に投げ方を教わりました。

  

  

 今日は、5年生が元プロ野球選手にボールの投げ方を教わりました。

来校してくれたのは、広島東洋カープの比嘉寿光(ひが としみつ)選手と日本プロ野球組織の

松嵜さん、水上さん、松山市スポーティングシティ推進課の大野さん、野口さんです。

3校時から6校時までの時間を使って、5年生を一クラスずつ教えていただくことができました。

プロの方の指導を真剣に聞いて、子どもたちは楽しく授業を受けることができました。

これからも学校外の専門家の方に、いろいろなことを教わる機会を増やしていきたいと思います。

8の字ジャンプ記録会(愛媛県ITスタジアム)

  

  

 今日は、2校時と3校時の間の業間の時間を利用して、全校一斉に8の字ジャンプ記録会が

行われました。これは愛媛県が主催するITスタジアムに記録を申請するものです。

学級担任の先生と一緒に長縄跳びをする子どもたちは、本当に楽しそうでした。

 来週は12月に入り、これから寒くなってくると思いますが、健康を意識して、みんなで元気に

スポーツを楽しんでほしいと思います。

小野与力一座 村芝居

  

 11月24日(日)に、小野小学校体育館で恒例の小野与力一座による村芝居がありました。

演目は「刃傷松の廊下」と「赤垣源蔵徳利の別れ」でした。役者さんとなった地域の方の素晴らしい演技、

手作りの舞台、音響、照明などいずれも完成度が高く、感動を呼ぶ村芝居となりました。