H30小野小日記

業間マラソンがんばってます。

  

 今朝は冷え込み、寒い1週間のスタートになりましたが、子どもたちは元気に活動しています。

先週は、天候や運動場の状態が悪くてできなかった『業間マラソン』がいよいよ始まりました。

前後のウォ-キングをはさんで約5分間、運動場を自分のペースで走ります。

1月24日(木)に実施予定の校内マラソン大会へ向けて、健康な体づくりにがんばります。

選書会

  

 今日は、体育館で選書会がありました。

 これは、1~6年生のすべての児童が、学校の図書室に入れて欲しい本を選ぶものです。

体育館に並べられた約900冊の本を子どもたちは楽しそうに広げてみていました。

子どもたちがワクワクするような本と出会って、読書する機会が増えるといいなと思いました。

人権教育講演会

 11月21日(水)に人権参観日を実施し、3校時には講演会を行いました。

 「自閉症それがどうした!」という演題で、濵田 斉子(はまだ せいこ)先生にご自身の子育て経験を中心にお話をしていただきました。

 濵田先生が紹介してくださる写真や明るい語り口調に、参加した5、6年児童と保護者、教職員は心をひきつけられ、あっという間のひとときでした。

 最後に濵田先生の息子さん(しんたろうさん)ご本人が登場してご自身の夢を語り、夢に向かって頑張るよう励ましてくださいました。(素敵なサプライズでした。)

   

 児童や保護者の方の感想を一部ですがご紹介します。

 

《児童の感想》

★濵田さんの言葉の中で一番心に響いたのは、しんたろうさんに何かを教えるときに「だめだったら工夫する」という言葉でした。しんたろうさんの何回も何回も挑戦するという気持ちがすごいと思いました。短い時間だったけれどいいことを知ることができました。(5年生)

★しんたろうさんは自閉症という障害があっても夢に向かって一生懸命で努力をたくさんしていてすごいと思いました。しんたろうさんは「何事も無理と思わずチャレンジしていくことが大切」と言っていました。私もこのことを心にとめて何事にもチャレンジしていきたいです。(5年生)

★私はこの講演会で大切にしたいと思うものができました。それは自分の個性・性格です。今まで全ての自分を否定して自分を出していないことが多々ありました。みんなと違うことで変だと思われるのが嫌だからです。けれど、最初のオンリーワンの話やしんたろうさんの話を聞いていて、別にみんなと違っていていいんじゃないかな、オンリーワンの自分になれたらいいなと思うようになってきました。(6年生)

★障害についてこれまでよく知りませんでした。でも、今日の話を聞いて、そのうちの一部だけ分かった気がしました。障害を乗り越えて強くたくましく生きる人がすごいと思いました。個性を武器にしていろんなことにチャレンジする人こそが、みんなの目に輝いて見えるのだと思います。その人だけの「オンリーワン」を知ることの大切さも分かった気がしました。1番じゃなくてもこの世に一つしかないものはかけがえのないもので、それが私たちの中に眠っていると思います。(6年生)

 

《保護者の方の感想》

☆とても分かりやすく、子どもの成長を写真と一緒に説明することで、障害って・・・、普通って・・・と考えさせられました。子どものことを本気で考え、真剣に向き合った時間が自分にはあるだろうか・・・とも。今育てている自分の子どもにも、こんなふうにたくさんの経験や努力をすることで力強く生きてほしいと思います。日々の生活に追われてついつい口調がきつくなってしまうのですが、笑顔を忘れず生活していこうと思いました。

☆母親が理解者であるというのが大きいと感じました。「認める」「個性」という言葉は分かっても、実際受け入れるのは難しくて、本人にばかり変わってほしいと思ってしまいます。でも、母親が味方だからこそ、友達との橋渡しもでき、本人も楽になれるし、幸せを感じられるのだと思いました。

☆子育てをしていると、できることよりもできないことの方についつい目が行ってしまいがちでしたが、できることをもっとほめて、子どもに自信をつけさせてあげることが大切だと改めて思いました。これからもたくさんの人との出会いがあると思いますが、自分と違うところがあってもよいところをどんどん見付けられるような、またサポートを必要としている人には力を貸してあげられるような優しい心をもって育っていってほしいです。

小6・中1交流集会

  

 12月3日(月)に小野中学校にて、小学校6年生と中学校1年生との交流集会がありました。

中学校の授業の様子を参観した後、体育館で中学校1年生にいろいろな学校生活の内容について

質問していました。校則や授業のこと、宿題や部活動など6年生が質問した内容について

生の声で丁寧に中学校1年生が答えていました。

 今日の交流集会は、数ヶ月後になった卒業や進学に向けて、6年生がこれからの日々を大切に

過ごしていこうという気持ちを新たにするよいきっかけになりました。

小野地区青少年健全育成大会

 12月2日(日)に第19回小野地区青少年健全育成大会がありました。

 開会セレモニーでは、5、6年児童有志が「ルッキング フォー スマイル」(小野小いじめゼロソング)と「世界が一つになるまで」の合唱を行いました。

  

 また、標語表彰と読書表彰があり、小野小児童も表彰を受けました。

  

【入選標語】

特選 4年 中内  光 「あきらめない それが夢への 第一歩」

入選 6年 家久 紗矢香「かなえたい 夢があるから がんばれる」

   5年 八木 琉斗 「立ち上がれ 夢をあきらめない 強い心」

   3年 岡本 勇人 「ゆめ高く より木松を こえてみろ」

   2年 山口 世成 「おのっ子の ゆめをみんなが おうえんだ」

   1年 森岡 理仁 「がんばるよ おのっこぱわあで ゆめめざす」

【読書大賞】

   3年 古鎌 咲羽

   2年 小倉 佑紀乃

JRC委員会活動

  

 26日(月)の委員会活動の時間に、JRC委員会が「小さな親切」運動担当者や日本赤十字の

方々の協力を得て、校庭南側にイトスギの木を植えました。

 この木は、最初のノーベル平和賞を贈られたアンリー・デュナンが赤十字の創設に向けて動く

きっかけとなったイタリアの激戦地ソルフェリーノの丘にあったイトスギの孫にあたるものです。

 これからも命と健康を大切にして、平和や福祉に貢献できるようJRCの活動を大切にして

いきたいです。

ふれあい広場(1年生)

 11月14日(水)に1年生が「ふれあい広場」の活動を行いました。

 この活動は、小野地区の高齢者クラブの方たちに学校に来ていただき、一緒に昔遊びを楽しむものです。けんだま、こま回し、あやとり、お手玉、折り紙など、高齢者クラブの方たちに先生になっていただき、遊び方やこつを教えていただきました。

 手取り足取りで丁寧に教えていただき、1年生の子どもたちはとてもうれしそうな表情を見せていました。

 また今回は、職場体験学習で小野小学校に来ている小野中学校2年生も一緒に活動しました。1年生と中学生がこま回しの真剣勝負をする姿も見られました。

 

   

      折り紙            こま回し・ヨーヨー         あやとり

   

      けんだま              お手玉        小1年生と中2年生の真剣勝負

愛媛県小学校陸上運動記録会 男子400mリレー 第1位

 第31回愛媛県小学校陸上運動記録会が、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで開催されました。この記録会には、各郡市からのべ649名、リレー106チームが参加しました。本校からは、女子60mハードル走2名、女子ソフトボール投げ2名、女子走り高跳び1名、男子100走1名、男子400mリレーに松山市代表として参加しました。
 大会当日は、あいにくの天候の中ではありましたが、精一杯の頑張りをみせてくれました。入賞者は次のとおりです。
〇 男子400mリレー 第1位 記録52秒97 篠浦 大和 渡邉 透羽 平木 裕成 三上 優 塀内 敦司 
〇 男子100m走   第6位 記録13秒42 三上 優
〇 女子走り高跳び   第8位 記録 1m20 小椋 咲季 

アーク弦楽四重奏団の方々に来ていただきました

 11月9日(金)に、豊かな器楽体験推進事業として、アーク弦楽四重奏団の方々に来ていただき、5、6年生の前で演奏していただきました。

 第一バイオリン、第二バイオリン、ビオラ、チェロの4つの弦楽器から奏でられる温かみのある音色に、子どもたちは聴き入っていました。

 また、子どもたちに馴染みの深い曲や、弓を使わず指で弾いて演奏する曲など、バラエティに富んだ選曲で、子どもたちも楽しそうにしていました。

 これを機会に弦楽器やクラシックに興味をもった子どもも多く、充実した時間となりました。

  

    楽器について分かりやすく説明してくださいました。    弓を使わない「ピチカート奏法」に聴き入りました。

県陸上大会・連合音楽会の壮行会

  

 県陸上大会へ出場する10名の選手と連合音楽会に出場する6年生の壮行会が体育館で

開かれました。県陸上大会へ出場する選手一人一人の紹介があった後、6年生の発表がありました。

 一生懸命取り組み、また一つ素晴らしい経験が増えることになりそうです。

県陸上大会は、11月12日(月)に県総合運動公園(ニンジニアスタジアム)にて

連合音楽会は、11月7日(水)に市民会館にて、9:30~合唱・演奏予定です。

全校鑑賞週間

 10月15日(月)から19日(金)の昼休みに、校内造形大会の作品を自由に鑑賞する「全校鑑賞週間」を実施しました。

 学年ごとに鑑賞できる日を設定し、縦割り班の一つ上の学年(1年→2年、2年→3年、3年→4年、4年→5年、5年→6年、6年→1年)の児童に向けてメッセージを書くようにしました。

  

  

 熱心に作品を見つめ、いいところ探しをしてメッセージを書く姿が見られました。

 

第72回松山市総合体育大会(陸上の部)

  

 10月18日(木)に愛媛県総合運動公園(ニンジニアスタジアム)で、松山市小学校総合体育大会

の陸上競技が行われました。本校からも26名の選手が参加し、短い練習期間でしたが、自分の競技に

精一杯取り組みました。

 松山市内のたくさんの友達と競うことができたのは、とても素晴らしい経験になったと思います。

【入賞結果】

女子60mH  3位村田舞 6位磯崎桃恵

男子100m  6位三上優

女子ソフトボール投げ  5位中田麻友 7位安藤愛

女子走り高跳び  8位小椋咲季

男子400mリレー  1位(篠浦大和、渡辺透羽、平木裕成、三上優)

 

 

第60回さわやか体育大会(東ブロック)

  

 今日は、雄郡小学校のグランドで、東ブロックのさわやか体育大会がありました。

たんぽぽ学級の子どもたちは、かけっこなどの個人競技や玉入れ、レクリエーションダンスなどに参加して

松山市内から集まったたくさんのお友達と共に体育大会を楽しむことができました。

大三島少年自然の家(3日目)

 10月12日(金)は大三島少年自然の家での活動の最終日となりました。

 少し肌寒い朝でしたが、晴天で海がきれいに見える食堂で朝食をいただき、3日間お世話になった大三島少年自然の家の清掃活動や荷物の片付けをして、退家式を行いました。

 その後、大島の村上水軍博物館を見学しました。博物館の方から村上海賊(水軍)の説明を聞いた後、グループでクイズの答えを探しながら館内の探検をしました。

    

 3日間の集団宿泊活動を通して、仲間と力を合わせることのよさを感じたり、友達との関わりを深めたりすることができました。

 これも、活動の準備をしてくださったおうちの方や自然の家の所員の方々が支えてくださったお陰です。

 ありがとうございました。

 ひとまわり成長した5年生の今後の活躍に期待しています。

大三島少年自然の家(2日目)

 10月11日(木)5年生の大三島少年自然の家での活動2日目は、雨を避け、少し予定を変更して活動をしました。

 午前中の前半は昨日のオリエンテーリングの表彰と閉会式を行い、その後、室内レクリエーションをしてみんなで楽しみました。

 午前中の後半には浜辺に出ていかだ作りをしました。

 

     オリエンテーリング表彰式          室内レクリエーション

 

                          いかだ作り

 

 午後は、室内レクリエーションの続きをした後、飯ごう炊さんをしました。

   

   

 昨年のレインボーではカレーだけを作りましたが、今年はご飯とカレーの2品を作りました。

 手際もチームワークもよくなり、成長が感じられました。

 

大三島少年自然の家(1日目)

 10月10日(水)から2拍3日間、5年生は大三島少年自然の家で過ごしています。

 1日目は、オリエンテーリング、磯遊び、キャンプファイヤーをしました。

 

    入家式                 磯遊び

 

    食事係の準備       キャンプファイヤー

 

 磯遊びでは、小さなカニやヤドカリをたくさん見つけました。

 磯遊びの後、食事係が夕飯前の準備をしました。

 今日は初めての準備なので、係の先生の指示を聞きながら食事係のみんなで力を合わせて作業を進めました。

 キャンプファイヤーでは、各クラスの出し物があり、大変楽しいひとときを過ごしました。

 クイズあり、ダンスあり、劇ありとバラエティに富んだ内容で、炎に照らされたみんなの笑顔が印象的でした。

 

   

信号機(押しボタン式)が設置されました

 県道334号松山川内線(水泥町)の横断歩道に押しボタン式信号機が新設されました。この場所は過去にも交通事故が数件発生している交通量の大変多い所です。信号機ができたからといって安心しないで次の点に注意して安全に渡りましょう。
〇 車が来てないからといって押しボタンを押さないで渡るのはやめましょう。
〇 信号が青に変わっても、左右をよく見て安全を確認し、車が止まるのを確かめましょう。「車は止まっくれるだろう」という思い込みは大変危険です。

信号機押しボタン

3年生 小野川調査

  

 今日は、3年生2・3・5組の小野川調査が学校近くの川でありました。(1・4組は10日の予定)

先日の雨による増水で、実施予定日がのびていましたが、今日は天気も良く、子どもたちは

元気よく川に入り、ミズカマキリやヤゴ、カニなどたくさんの生き物を見つけていました。

 最近では、なかなか川に入って学習したりすることはありませんが、身近に生活している

生き物について知る良い機会になりました。

さわやか体育大会・松山市総合体育大会(陸上の部)壮行会

 10月9日(火)にさわやか体育大会と松山市総合体育大会(陸上の部)の壮行会(テレビ放送)を行いました。

 さわやか体育大会は10月17日(水)に行われ、たんぽぽ学級から出場します。

 松山市総合体育大会(陸上の部)は10月18日(木)に開催予定です。小野小学校からは、陸上部26名(男子13名、女子13名)が出場します。出場種目は男女それぞれ、100メートル走、60メートル走、60メートルハードル走、走り幅跳び、走り高跳び、ソフトボール投げ、リレーです。

小野小の代表として、自信をもって力を発揮してきてほしいです。

     児童代表の言葉           校長先生から励ましの言葉

             全校応援(よりきの広場)

校内造形大会

 9月28日(金)に校内造形大会を実施しました。

 1年生〈題材〉つちのなかのおはなし(平面)

 

 2年生〈題材〉くじらのあくび(平面)

  

 3年生〈題材〉へんしん!わたしのお面(立体)

 4年生〈題材〉トロトロカチコチワールド(立体)

  

 5年生〈題材〉ルッキング フォー マイ ドリーム ~多色刷り版画~(平面)

 

6年生〈題材〉小野小学校の風景(平面)

 

  たんぽぽ学級では「おはなし だいすき」(平面)の題材で好きなお話の様子を思い浮かべて表現する活動に取り組みました。

 各教室(6年生は校内各所)で、一心不乱に手を動かす姿、「次はどうしようかな?」とじっくり考える姿、友達と互いの表現を見合う姿などが見られました。